住宅ローンで成功するには

注文住宅を新築する場合ですが、まずはそのための資金を確保しなければなりませんので、おおかたの人は銀行をはじめとする金融機関が提供している住宅ローンの申し込みをするはずです。特に、注文住宅の場合には、施主の希望したとおりの間取り、構造、デザインなどが生かされるという点で、建売住宅にはない魅力をもっていますが、その分だけ費用がかかりますので、ますます住宅ローンの役割は重要になってくるといえます。

こうした住宅ローンの借り入れで成功するためには、まずはより条件のよい住宅ローンを探すということに尽きます。そこで狙い目なのが、銀行などの金融機関と住宅金融支援機構が協力してできた新しいタイプの住宅ローンであるフラット35とよばれるものです。このフラット35については、良好な住宅の流通を円滑化するという、なかば公的な意味合いがある制度ですので、借り手にとってはメリットが大きいといえます。このフラット35の適用を受けるためには、注文住宅の新築といっても、床面積や構造などが一定の条件を満たさなければならないため、事前に調整をしておく必要があるのですが、もしも借り入れが可能となれば、その融資期間は最長の場合で35年間にもなります。また、こうした長期間であっても、金利は資金を受け取ったときからの固定で将来的にも変わらないため、金利の変動によるロスが少なく、計画的な返済が可能となります。フラット35とひとことでいっても、たとえば省エネルギーに配慮した住宅であれば金利を通常よりも引き下げるなど、いくつかのプランがありますので、適切なプランを選択すれば、さらに大きなメリットを得ることができます。

また、フラット35以外の、完全に民間の金融機関が提供している住宅ローンでの借り入れをしたいのであれば、日頃から給与の振り込みや電気、ガスなどの公共料金の自動引き落としなどの利用がある金融機関に申し込みをしてみるのもよいといえます。通常の場合、すでに取り引きのある顧客に対しては、銀行側としても住宅ローンの優遇金利を提供するなど、かなり一般の人とは違った特別な優遇が得られる可能性があるのです。住宅ローンの利用促進のためになんらかのキャンペーンを実施している最中の申し込みであれば、さらにその優遇の度合いが増していることもあるかもしれません。新しい金融機関を探す前に、すでになじみのある足元の金融機関の情報を吟味するというのも、住宅ローンで成功するためには必要なことといえます。