外断熱

住宅、とくに日本の建物には断熱性が求められます。四季の移り変わりは豊かな自然の証でもありますが、その温暖差は体に重大な健康被害を及ぼしてしまいます。そのため、健やかな暮らしを送るためには、外気の影響を遮断してくれるものが必要となるのです。そして、そのような住宅における断熱法としては、内断熱と外断熱があります。
外断熱とは、住宅の外壁に使われる構造材の、外側に断熱処理を施す方法です。内側に行う内断熱と違い、建物全体をすっぽりと覆う格好になります。この方式のメリットは、防湿性が高まるため、結露がおきにくくなることです。このため、精密機器を年間通して扱う家には最適といえます。また、気密性が高く、構造体を常に保護するかたちになりますから、外壁などが長持ちします。反面、外壁がやや厚くなりますので、土地に余裕を持たせる必要があり、また、外気との遮断性が高いため、しっかりとした換気を行わなければなりません。外断熱のことをよく知って、適切な断熱計画を立てていきましょう。

SNSでもご購読できます。