注文住宅と断熱

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三重県で建てる注文住宅には十分な断熱が必要です。日本の中では温暖な気候の三重県も冬と夏の温度差は意外と大きいものです。冬は暖房、夏は冷房を用いている家庭がほとんどで、光熱費も大きな負担となっています。
十分な断熱は光熱費の負担を減らすことができます。冬でも灯油やガスによる暖房が必要な北日本と違い、三重県ではクーラーの暖房でも十分な日が続きます。
しかし、クーラーによる暖房は電気代がかなりかかるために家計にとって大きな負担となります。注文住宅に十分な断熱材を入れることで、冬の暖房費を節約することができます。
屋根下の天井裏には厚さ100mm程度のグラスウールを入れ、外壁にも同様のグラスウールを設置します。床下は比較的暖かいので、ウレタンフォームの50mm程度で十分です。サッシには複層ガラスを入れることで、熱を逃がし難くします。
山間部ではさらに厳重な断熱が必要です。効果が高いのはサッシです。三重県においても断熱サッシを設置することで、断熱効果が大幅に高まります。防火規制のない地域では樹脂サッシが効果的で、防火規制がある地域には複合サッシが必要です。
鉄筋コンクリートの注文住宅は、木造に比べると熱を溜めておく機能が大きく、一度暖まったら冷え難く、一度冷えたら暖まり難い特性があります。鉄筋コンクリートの注文住宅では、熱橋と呼ばれる断熱材の切れている部分をつくらないことが大切です。熱橋ができた場合は、周囲に余分な断熱材の設置が必要です。三重県で建てる注文住宅には断熱材を入れなければならない法的な義務はありません。住宅金融支援機構からの借り入れをする場合は、断熱や耐震などのいくつかの項目の中から、選んだ項目について仕様を高める必要があります。断熱は費用が少なくて済むので、断熱の等級を挙げる事が、資金を借りるための条件として使えます。住宅性能表示制度や長期優良住宅においても、断熱は重要な要素となっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。