いい家の条件「温熱」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

温熱の機能が素晴らしい家では、住人が快適に暮らせるだけでなく、熱帯の観葉植物も元気になるのが特徴です。注文住宅で新築する場合には、寒さとは無縁の環境をイメージしてデザインを練ることも重要です。施主の好みを実現させるために、業者側でも様々なデザインを提案してくれるため、完全に納得した状態で作ることが可能になります。

温熱がいい家の条件になっているのは、健康に対するメリットが大きいためでもあります。住居の気密性が低く、冷たくて乾燥した風が容赦なく吹き込むような室内では、常に健康的な血圧を保つことが難しくなります。冷たい風を見事に遮断しながら、燃費効率に優れた暖房器具を上手に使う場合には、健康を維持しながらエネルギーに関するコストも軽減することができます。

温熱の機能を充実させながら、同時に温度差もなくす工夫をすると効果的になります。温熱の器具を部屋の各所に設置しておけば、急激な温度変化で体に負担をかけることがありません。特にお風呂場の周辺では温熱は重要になりますから、新築する段階では詳細な検討をしておく必要があります。お風呂場の天井にはヒーターを設置しながら、脱衣所にも同様に暖房器具を設置して、室内は暖房効率が優れた内装にすると効果的です。

温熱は注文住宅の寝室でも充実させれば、安眠を促進させながら、普段の生活を進めることができます。寝室の温熱性能については、窓の断熱性が重要になってきます。大きな窓を採用する場合には、昼間には太陽光によって温熱効果が充実します。さらに、夜間には断熱性の充実度によって結露も防ぎながら、足元も快適な室内環境が構築されます。天井が高い室内であっても、風の流れが均一になる状態であれば、冷気がベッドの下に溜まることもありません。空気を循環させるための器具も同様に設置されて、貴重な温熱を無駄なく使える空間になっていれば、書斎や勉強部屋でも寒さとは無縁の快適空間を作ることが可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。