いい家の条件「気密」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新築の注文住宅を建てる場合に気をつけたいのが、気密性です。

住宅の気密性が高い場合は、夏は室内が涼しく、冬は室内が暖かくなり、居住環境がとても心地良くなります。しかし、反対に気密性が低い場合は、夏はいくらエアコンを利用しても室外の熱が室内に侵入し涼しくならず、冬は暖めた室内の熱がドンドン室外へ逃げていきますので、温まりにくい上に暖房器具の長時間使用で光熱費も掛かります。

また、一般的な注文住宅で建築される木造住宅では、気密性が低い場合に結露が発生しやすくなってしまいます。結露は、ダニやカビなどが好んで集まる場所であり、それらの死骸や糞などが病気を引き起こす原因になりますし、結露部分の木材を腐らせてしまい住宅の寿命が短くなってしまいます。

つまり、気密性を十分に確保することで居住環境が格段に良くなり、不必要な光熱費を抑える節電効果や住宅の寿命を延ばすことに繋がります。

では、気密性を高めるためにはどうすればいいのかと言うと、断熱材などを使用して住宅を覆う事が挙げられます。

テレビでリフォームを行っている番組などで断熱材を使用している場面を良く見ますが、そもそも熱は様々な物を伝って移動するので、その熱移動を防ぐ物が断熱材です。室内の壁などを断熱材で覆う事で屋根や外壁に当たった熱が室内に移動することはなく、室内の機密性が確保されることになります。

また、熱の7割は窓から侵入すると言われているので、窓に断熱フィルムなどを貼る事も効果的です。断熱フィルムにはほとんどの紫外線をカットできる物もあり、肌にできるシミや、家具、畳、壁紙などの日焼けも防止することができます。

つまり、断熱材などで熱移動を抑制して室内の温度を一定に保つことで、住宅の気密性を確保できることになり、さらに紫外線をカットして家具類の寿命を延ばす事ができます。

このように、気密性が高い住宅は居住環境が良く、住宅の寿命も長くなります。注文住宅では、間取りや設備に重点を置きがちですが、こうした部分も建築する際に重要視すると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。