住宅を新築したときの住宅インテリアについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住宅を建てたときにインテリアとエクステリアの要素は共に住宅と一体化する要素として大切なものです。インテリアは室内装飾とも呼ばれ、室内をどういう感じにコーディネートするかその組み合わせを考え室内にそれを施すことです。要素となるものは床材、巾木、壁材、廻縁、窓や建具、カーペット、カーテン、ブラインド、照明器具、家具・調度品、額縁、タペストリ、観葉植物、小物などです。そして質感や色彩も関係して来ます。例えばナチュラルスタイルは木の質感や肌ざわりを感じる自然で明るい雰囲気のもので人気があります。モダンスタイルは直線的なデザインで飾らないところに特徴があります。色調はモノトーンを基調として黒や赤、白色がよく使われます。シンプルスタイルは白色が基調になったもので落ち着きがあり、緑などをアクセントとして加えるものです。クールスタイルは石やガラス、スチールなどが使われモノトーンが基調になり都会的なイメージとなります。その他にもクラシックやエレガント、カントリー、和風スタイルなどが良く知られています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。