新築住宅の耐震問題について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三重県で新築住宅を考える時に考慮しなければいけない事がいくつかあります。生活環境も大切ですが、昨今は自然災害についていろいろな話が取り上げられています。福島では津波と地震、神戸や熊本では地震、毎年の台風など被害は毎年のように起こっています。今、特に注意が叫ばれているのが地震です。

耐震という問題です。もともとは建築基準法に基づいて日本の家屋はできていましたので、少々の事では大丈夫と思われていましたが、昨今の大きな地震によりその考えが打ち崩されました。どんどん建築基準法は改善されましたが、自然の力は大きく、先ほどの熊本地震では大きな被害がでました。

そのような事からも、地震対策は新築の家屋については大切な事といわれています。基礎や柱部分もかなり地震に対応できるように出きてはいます。熊本地震で倒壊した家は古い家が多く、昨今に建てられた家は半壊や壁のひび割れで済んでいました。ただし、せっかく建てた家で、ローンも終わっていない状態からさらに修繕というのは大変です。やはり、耐震に関しては十分な理解と対策は必要な事なので、新築を建てられる時は安易に考えずに、施工側とよく相談の上に安全な家を建てましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。