断熱材を購入する際の注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新築住宅を建てる際に気になるのが断熱です。断熱は寒さをしのぐ役割を担ってるので、購入する際は性能が良いか悪いか確認する必要があります。もし、性能が悪いと寒さをしのぐどころかヒートショックが起こります。ヒートショックが起きると心不全になってしまいます。断熱は体を温めることができる床やすきま風の出入りがある窓や壁に使用することが非常に多いです。ですが、うまく断熱することができないと窓や壁からすきま風が侵入してしまいます。何も心不全が起きるのはヒートショックだけではありません。窓や壁から侵入するすきま風でも心不全への道のりが一直線になってしまうので注意が必要です。反対にうまく使用することで寒さをしのぎ、体が温まるだけでなく冷房が必要なくなるので家庭に優しいことで注目されている省エネにも役立ちます。つまり性能の良い悪いで命の危険にさらされてしまうか、快適な生活を送ることができるかどうかが決まってしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。