古き良きものを残しながらリノベーションを行ないます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーロッパなどでは古い建物の外観は残しながらも、住宅の部屋はリノベーションを行って最新のものに改良して、資産価値や利用価値を高めています。日本においても、従来は家が古くなると取り壊して新しく建て替える発想から、リフォームやリノベーションを行って大切に長く使っていく方針に変わってきています。例えば都会にある中古マンションとかには、抜群の立地と住環境が整っていますが、部屋の間取りが使いにくかったり、設備やインテリアが古いために売れ残っている物が少なくないです。リフォームを行っていない中古マンションを割安で購入して、部屋の間取りを大きく変えたり給排水などの設備を最新のものに取替えたりしますと、新築の住宅に生まれ変わります。それによって以前よりも快適性や利便性が高める事が可能になり、長く安心して住み続ける事が出来ます。費用的にもリノベーションの場合は、新築の住宅に比べても2割から3割程度は安くなりますので、人気のエリアなどでは三重のリノベーション住宅が増えているのが十分に納得できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。