初めての人向け、マイホーム資金計画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注文住宅を建設してマイホームの取得を目指す場合には、頭金をどの程度まで用意するかを決め、その金額を当面の目標とするのが良い方法です。注文住宅には多額の資金が必要ですので、多くの人は住宅ローンを利用することになるでしょう。購入価格をそのままローンでまかなうといったいわゆる「フルローン」は、金額が大きくなり、金利の面でもお薦めはできません。
建築主の収入によっても異なりますが、一般的には土地代と建物本体代を合わせた価格のうち、およそ3割程度を頭金として用意し、それとは別に諸費用分として100万円程度を確保しておくと安心とされています。建築総額が3,000万円であれば、頭金として900万円と諸費用分の100万円の合計1,000万円以上を用意できると理想的です。
収入に見合った適切な資金計画で、無理のない返済を行いながらマイホームでの生活を楽しみましょう。頭金を貯めるという目標をもつことで、毎日の節約にもきっとやりがいが見いだせるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。