耐震住宅について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注文住宅を建てる場合は、工事を始める前に役所等に建築確認申請を行わなければなりません。役所等の審査機関では、申請された建物が建築基準法とその関連する法規に適合しているかどうかを審査しますが、その中に耐震性に関する審査項目も含まれています。しかし、建築基準法の主旨は、最低限度の建築物の基準を定めることで、想定外の地震に対する安全性を確保しているものではありません。想定外の地震に対する安全性は、施主自らが確保する必要があります。想定外の地震にも耐えうる耐震住宅は、住宅性能表示制度による耐震等級3の住宅、或は、長期優良住宅の認定を受けた住宅です。これらの住宅は、建築基準法で想定している地震の、約1.5倍の地震にも耐える耐震性を有しています。近年の巨大地震でも、住宅性能表示制度による耐震等級3の住宅、或は、長期優良住宅の認定を受けた住宅には大きな被害は確認されていません。今や、住宅の耐震性は、施主自らが選択する時代と言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。