断熱性のいい住宅とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注文住宅における断熱性の良い住宅とは、まず断熱材を適切に使用していることが挙げられます。通常は内断熱による施工となりますが、建物全体を覆う外断熱となれば長持ちするようになります。隙間なく断熱材を使用していることが必要なので、床や天井においてもきっちりと敷き詰められていることが条件となります。また外気の影響を受けやすいのは窓やサッシとなります。この枠に隙間なく断熱材が加工されていることが必要となります。さらに断熱性を高めるためにペアガラスを使用したり、あるいは二重窓とすることも必要です。大型のサッシであれば必ずガラスは二枚使用することが必要です。予算的に難しい場合には、なるべく窓の面積を小さくすることが、外気の影響を受けにくくするコツとなります。また屋根などに空気層を作ることで、外気の変動にも室内は影響を受けにくくなります。また外壁においても断熱性の高い塗料を使用することで、外断熱の役割を果たすことになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。