内断熱

外装材の方で壁や屋根といった部分に日射による影響を受けにくくして、住宅を守るという方法を外断熱と呼びますが、室内の部材のすぐ内側から熱を逃さないようにしているのが内断熱となります。日本では防音や耐久性を上げるためにも役立つことから、内断熱の工法が一般的で、壁材の中にグラスウールといった断熱材を入れて、室内から外へと温度を逃さないようにしています。間柱や筋交いといった物理的な問題、コンセントの裏側といった安全面の問題によって内断熱を行えない部分もありますが、素材が安価であること、一般的な施工法で簡単に行えるといった理由から普及している方法となっています。また、室内にダイレクトに影響するため、エアコンなどの空調を使用するにあたって、適温までの立ち上がりが早いというメリットがあります。安易に行うことができる工法ですが、環境や断熱材に問題が起こると結露を起こしやすくなるのがデメリットとなっています。

SNSでもご購読できます。