2016年 10月 の投稿一覧

外断熱

住宅、とくに日本の建物には断熱性が求められます。四季の移り変わりは豊かな自然の証でもありますが、その温暖差は体に重大な健康被害を及ぼしてしまいます。そのため、健やかな暮らしを送るためには、外気の影響を遮断してくれるものが必要となるのです。そして、そのような住宅における断熱法としては、内断熱と外断熱があります。
外断熱とは、住宅の外壁に使われる構造材の、外側に断熱処理を施す方法です。内側に行う内断熱と違い、建物全体をすっぽりと覆う格好になります。この方式のメリットは、防湿性が高まるため、結露がおきにくくなることです。このため、精密機器を年間通して扱う家には最適といえます。また、気密性が高く、構造体を常に保護するかたちになりますから、外壁などが長持ちします。反面、外壁がやや厚くなりますので、土地に余裕を持たせる必要があり、また、外気との遮断性が高いため、しっかりとした換気を行わなければなりません。外断熱のことをよく知って、適切な断熱計画を立てていきましょう。

内断熱

外装材の方で壁や屋根といった部分に日射による影響を受けにくくして、住宅を守るという方法を外断熱と呼びますが、室内の部材のすぐ内側から熱を逃さないようにしているのが内断熱となります。日本では防音や耐久性を上げるためにも役立つことから、内断熱の工法が一般的で、壁材の中にグラスウールといった断熱材を入れて、室内から外へと温度を逃さないようにしています。間柱や筋交いといった物理的な問題、コンセントの裏側といった安全面の問題によって内断熱を行えない部分もありますが、素材が安価であること、一般的な施工法で簡単に行えるといった理由から普及している方法となっています。また、室内にダイレクトに影響するため、エアコンなどの空調を使用するにあたって、適温までの立ち上がりが早いというメリットがあります。安易に行うことができる工法ですが、環境や断熱材に問題が起こると結露を起こしやすくなるのがデメリットとなっています。

遮熱カーテンと断熱カーテンの違いは?

地球温暖化に伴って、遮熱カーテンという言葉を聞くようになった方も多いことでしょう。また、断熱カーテンというものも見聞きするようになりました。これらの違いはいったいなんでしょうか? この違いが判ると、季節により、効果的な温度管理を行うことができますので、知っていると便利です。
まず、遮熱カーテンですが、熱を遮る(さえぎる)効果のあるカーテンのことで、太陽の光はある程度取り入れるものの、太陽の熱は吸収しないよう、反射して遮ることができる、優れものです。ですので、遮熱カーテンは、主に、太陽の熱を室内に入れたくない夏に使うことによって威力を発揮します。
それに対して、断熱カーテンですが、熱の伝わりを断つ効果のあるカーテンのことです。断熱カーテンは、主に、裏地を付けるなどして、空気の層を作ることによって、カーテンの内外の熱を通さないつくりになっています。ですので、断熱カーテンは、主に、冬に使用することで、室内の暖かさを逃がさないようにできます。

断熱塗料を性能で比較してみる

金属は熱の伝わり方で違っていくものであり、ロケット設計に用いられた遮熱効果のあるアイテムは、住宅でも積極的に使用されています。太陽の熱を限定的にしたいならば、適度に遮断できる断熱塗料を上手に使用することが必要です。設置する場所において効果の違いが発生していくため、性能を同条件で比較する動きが大切です。適切な温度をキープすることができれば、快適な使用が見込めるため、夏場のエネルギーが強い時期は、断熱を活用する点が必要になってきます。また暮らし向きを向上させるには、紫外線や赤外線などの知識を収集する状況が大切です。気候によって差が生じていく内容を見ながら、断熱の魅力についてきちんと分析しておく環境が必要になります。室内の温度を20度前後に保つことができれば、省エネ効果につなげていくことが可能となり、結果としてお財布にやさしい状況が出ていきます。断熱効果が高い商品は、薄い膜でできている場合が圧倒的になっています。

太陽光発電コラム:断熱効果で快適!光熱費もお得!

太陽光発電システムの「断熱効果」とは、一体どのようなものなのでしょうか。

まず、家の屋根に太陽電池モジュールを敷くと、モジュールが太陽の光を吸収し、屋根が熱くなるのを防いでくれます。暑い夏は室内が涼しくなり、寒い冬は暖かい空気を外に漏れ出すのを防ぐため、より暖かく過ごすことが出来ます。これによって余分な冷暖房を使わずに済むため、光熱費がお得になります。

また、無駄な冷暖房を使わないことは、地球温暖化の防止にもなります。近年、地球温暖化の原因とされている「二酸化炭素」の排出量増加を抑えるためにも、極力無駄なエネルギーを使わないことが大切です。太陽光発電システムを導入することで、余分なエネルギーを使わないで済むため、地球温暖化防止にもつながるのです。三重県の工務店で建てる場合も実例を聞いてみるのもよいでしょう。

さらに、太陽光発電システムを使って太陽の力で発電をすることで、節電にもつながります。余った電力は電力会社に売却することが出来るため、経済的にもメリットが大きいといえるでしょう。

工務店に依頼するメリットデメリット

新しく注文住宅を購入する際に、どんな住宅会社に家づくりをお願いしようか迷ってしまう事があります。大手のハウスメーカーにするのか、地域密着型の工務店にお願いするのか、様々な選択肢があるでしょう。
そこで、工務店に依頼する際のメリットとデメリットについて、いくつかご紹介します。
まずメリットですが、工務店はその地域に密着しているため、全国展開しているハウスメーカーよりも価格が安いことが多いです。安いからと言って、性能が悪い訳ではありません。テレビ広告などを行っていなかったり、モデルハウスの建設を行っていないところも多い為に、そういったところで経費削減出来ているのです。地域に密着している為に、その地域に合った家づくりをしてくれるところも、大きなメリットです。
デメリットですが、工務店はブランド商品があまりない為に、信用に欠ける部分があります。全国に名が知られている訳ではありませんので、周りの口コミを探るなど、手探りで情報を取得していく必要があるのです。
このように、様々な名メリット・デメリットがありますが、自分に合っている住宅をつくってくれる会社に頼むのが、一番となります。

設計事務所に依頼するメリットデメリット

注文住宅の設計を設計事務所に依頼するメリットとしては、高いデザイン性の家を建てられることが挙げられます。施主としての希望するイメージを的確に理解して、予算に応じて住み心地の良い設計を提案してくれることになります。さらに長い経験から多くの材料に関する知見があるので、どのような材料を使えばイメージ通りの内装にできるかを提案してくれます。その結果、満足度の高い住まいを建設することが可能となるわけです。それに対してデメリットとなるのは、設計した家の施工を行う業者を自分で探さなければならない点があります。設計事務所で紹介してくれる場合もありますが、多くは関係のない業者に頼むことになります。そのために上手く設計通りに仕上がらない場合もあるので注意が必要となります。そこ仕上がり具合は、施工会社の職人の腕に左右されます。そのために適切な業者選びが必要になるわけです。このような打ち合わせなどでかなりの時間を割くことになるのがデメリットと言えます。

断熱性のいい住宅とは

注文住宅における断熱性の良い住宅とは、まず断熱材を適切に使用していることが挙げられます。通常は内断熱による施工となりますが、建物全体を覆う外断熱となれば長持ちするようになります。隙間なく断熱材を使用していることが必要なので、床や天井においてもきっちりと敷き詰められていることが条件となります。また外気の影響を受けやすいのは窓やサッシとなります。この枠に隙間なく断熱材が加工されていることが必要となります。さらに断熱性を高めるためにペアガラスを使用したり、あるいは二重窓とすることも必要です。大型のサッシであれば必ずガラスは二枚使用することが必要です。予算的に難しい場合には、なるべく窓の面積を小さくすることが、外気の影響を受けにくくするコツとなります。また屋根などに空気層を作ることで、外気の変動にも室内は影響を受けにくくなります。また外壁においても断熱性の高い塗料を使用することで、外断熱の役割を果たすことになります。

後悔しない住宅会社の探し方

新築の注文住宅を購入する際に、後悔しない住宅会社の探し方のポイントがいくつかあります。
まず、信頼できる注文住宅の会社を探すために、営業の担当者が購入を急がせることがなく、親身な対応をしてくれるのか、質問に対して誠実に答えてくれるのか、などを判断することが重要です。
そして、複数の注文住宅の会社に資料を請求することも大切なポイントです。
複数の会社の資料を見ることで住宅に詳しくなり、自分の希望する外観や間取りなどを具体的にイメージすることができます。
その際は、本当に優れた住宅会社をみつけるために、気に入った住宅会社の資料だけではなく、いろいろな会社に資料請求して検討することが望ましいです。
さらに、注文住宅の会社によっては、間取りがまったく同じでも価格が異なる場合があるので、複数の会社で見積りを取り、間取りの提案を受けることも大切です。
注文住宅の会社は、他社と比較検討していることが分かった場合、値引きをしてくれる可能性があります。
また、複数の会社に間取りの提案を受けて、様々な間取りを検討することも重要です。

注文住宅の設計について

注文住宅の設計を行うには、幾つかの方法があります。フルオーダーとなる設計を行えるのが、設計事務所への依頼です。使用する材料や設備を自由に選ぶことができることに加えて、細かな打ち合わせによって住みやすい間取りを設計してもらえます。デザイン性の高いものも期待できるのが、設計事務所の特徴です。一方で、指定された材料を使って選択式で設計を行うのが、ハウスメーカーのローコスト住宅です。これはそれぞれのメーカーが大量生産する規格化されたサイズの材料を使うことで施工コストを抑えることができるものです。設備もあらかじめ用意されたものから選ぶ形が多く見られます。また間取りなどの設計においても、建材のサイズが決まっているので、ある程度の制約を受けるものとなります。その点で設計事務所よりも費用がかからずに自由に設計できるので、工務店によるものです。地元の条件に応じて住みやすい家を建てることができるのが特徴となります。